台風に備える。二次会ウェディングドレスを避難させる。

日々の気づき

テツコハナヤマです。

友人の結婚式などがあり、島から東京の下町の実家に戻っています。

台風が近づいていて、外はすごい暴風雨。

実家は1階なのですが、ハザードマップでは荒川が氾濫すると、数メートル浸水する恐れがあります。

数日分の着替えや食料を詰めたリュックを準備し、念のために避難準備を進めています。

そうそう、今度ブログで書きますが、購入したウェディングドレス(冒頭写真)もクローゼットの一番高い所に、避難させました。

こちらは披露宴では着ないのですが(もともと着る予定でしたが別のものになり)、二次会で着ることになりそうです。

母も留め袖など着物を高い所に避難させていました。

まあドレスなんて、いざとなったらダメになっても仕方ない。命さえあれば何だってできますからね。

 

私は災害の取材経験があるので、こういう時は敏感です。

流された家、倒壊した家屋を見て、「どうして逃げなかったんだろうか」と悔しい気持ちになったことが度々あります。

災害の被害を少なくしたい。危機管理を学びたい。それで、本気で大学院に進もうかと考えたこともありました。

「もっともヤバい想定をして動く。やりすぎだと周りに批判されても、それで無事なら、結構なこと」

と思って動いています。

震災の時に、骨身に沁みました。

それに、毒親だなんだかんだ、と普段は騒いでいますが、

こういう時に家族が近くにいてくれると、心強いですね。何度かバトりましたが……。笑

災害の時こそ、一番大事なものはなんだろう。と考えるよい機会になるのかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました