「美人ノート」作成きっかけ①長年美人だと思っていた母は美人じゃなかった!?

美人に猛烈に興味がある。

私は自分のことを200%美人だとは思ったことはない。(今は実験上、無理やり自分を美人断定しているけど。笑)むしろ、私が美人だと思っていた母から、女性として否定され続けてきた。

「私のほうが可愛いよね。でも、あんたは…」
「私のほうが脚の線が綺麗。でも、あんたは…」
「私のほうが男性にモテる。でも、あんたは…」

思春期に入ったくらいから言われ続けてきたので、「母ちゃんは美人なのに、私はダメだなあ。美人な母に申し訳ないなあ」と思ってきた。

母は自他共に認める人気者。明るくて、気立てがよくて、周囲から慕われる人格者。年齢マイナス10歳に見える美魔女だし、目鼻立ちもはっきりしていて、胸はあるし、美脚だし、プロポーションもいい。メイクもファッションも華やかで、本当に文字通りの美人だ。

対する私は、男っぽいし、コミュ障だし、オタクだし、やることなすこと全て雑。スクールカースト最下位で、自分の身なりを構うことは、人生早々にあきらめていた。

母の言動は徐々にエスカレートしていった。

「あんたは男性と付き合えない」
「あんたは結婚できない」
「あんたに子供を産む資格はない」
「あんたはずっと独りぼっち」

初めは母が自分のためを思って助言してくれるのだと信じていた。

しかし、私の心は次第に病んでいった。

何かがおかしい……。あれ、うちの母って、もしかして流行りの毒親……!?カウンセリングを受け、心理学を勉強するうちに、私は母から女性として足を引っ張られていることに気づいた。

やがて、意を決して、母と対決。なぜ私を女性として貶めるような言動を繰り返すのか、問いただした。

もちろん、最初は絶対に認めず、言い負かされてしまうことも多かった。「自分ができないのを、他人のせいにするんじゃないわよ」って。

もはや絶縁しかないか……。私は覚悟を決めた。

だが、何回もの話し合いの後、母は号泣しながら、私に告白した。

「これ以上責められたら、私は壊れてしまう。私も美人に生まれたかった」

え…? お母さん、だって美人でしょ? 自分でもそう思ってきたんでしょ?

しかし、母は首を横に振った。

「小さいころ『お前だけ美人じゃなくて猿みたい』って兄からずっと馬鹿にされてきた」

母の兄弟は美形ぞろい。特に男性陣は端正な顔立ちで、俳優のように格好良かった母は顔立ちのことで、幼少期に実兄からいじめを受けていたのだ。

美人だと思っていた母は、自分のことを美人だと思っていなかった。いつも自信満々の母が号泣していた。私にとっては、驚きだった。

さらに母は続けた。

「あんたは私より手足が長いし、背が高いから、ずっとうらやましかった。私よりも『美人』になれるから……」

……???私は理解できなかった。だって、私、美人て言われたことないし、学校でも会社でも「ブス」「デブ」「バカ」って長年いじめられてきたんだよ。

母は気でも狂ったのだろうか?

おい、「美人」って一体、何なんだよ!

地球の裏側くらい、自分と縁遠かった「美人」。でも、母が執着した「美人」に、私は自分が壊れるくらい振り回されてきたのだ。

私は母が長年悩んだ「美人」について、どうしても知りたくなった。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました