私の幸せを考えていたら、90年代の少年ジャンプが無償に読みたくなった件

私にとっての幸せ、考え疲れて、ボーッとしていたら、

突然、マンガが無償に読みたくなりました。

特に90年代の少年ジャンプ作品。

ドラゴンボール、ちんゆうき、花の慶次、アウターゾーン、電影少女、ぬーべー、もんもんもん、マキバオー、るろうに剣心、スラムダンク……。ジャンプ黄金時代ですな。

マンガは実家では「本を読まなくなる」という理由で買ってもらえず、いつも立ち読みでした。

近くの飲食店のご好意で、棚に置いてある「少年ジャンプ」を読ませてもらっていました。

むさぼるように、マンガをひたすら読んでいた時、私は確実に幸せでした。

最近、マンガ読んでいないなあ……。

ということで、思い立って、マンガ喫茶へ。

「太陽のー」はあったけど、「ミドリのマキバオー」は置いていなかった。

「少年ジャンプ」ではないけれど、ドラマが最終回をむかえた迎えた「きのう何食べた?」が目に留まり、とりあえず読み始めました。ま、いっか。

よく分からない流れだけれど、潜在意識が何かヒントを見せてくれようとしているのかも?

しばらく、マンガに浸ってみます。

 

 

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました