結婚は博打である。馬券を買ったら、腹をくくって楽しもう!

「結婚とは何か?」

結婚できなかった頃の私は、いろんな人や友人に聞いてまわりました。

そんな中、仲の良い友人の

「結婚は博打」

という言葉が一番しっくり来ました。

☆☆☆

彼女は30歳になった時、突然サクッと結婚しました。

相手のことが、そこまで好きな訳ではないけれど、年齢も年齢だから決めたのだという。

しばらくたってから「結婚してよかった?」と聞いたら

「子供が産まれから、夫がどんどん頼もしくなって、結果的にはよかったと思う」

とのこと。はて、結果的にとは?

「結婚は博打だよ。

付き合っている間に、その人のすべてを知ることはできない。

だから、ある程度まで相手を知ったら、『えいやっ』と身を投じるしかないよ。

どんなに合うと思った人でも、結婚して合わないこともある。

だから、私は『この人にかけてみよう』と思ったの

私が結婚してよかったと思うのも、

”かけ”に挑んで、運よく成功したからだよ。

負けていたら、さっさと離婚して、次の旦那を探していたね」

☆☆☆

衝撃的な言葉でした。

結婚って”かけ”なのか。

自分の両親も含めて、その辺を公園を歩いている夫婦も、

いま結婚している人たちは、

みんな腹をくくって、結婚という”かけ”に挑んだんだ。

ためにし母に聞いてみると

「私もそうだよ。1、2年して上手くいかなかったら、別れようかなって気持ちだったねぇ」

ええええ?

「まあ、子供ができてしまったので、後はズルズル……」

うーん、そんな気軽なノリだったのか。

(その後、この人はモラハラ父に洗脳され、別れられなくなりましたが。笑)

☆☆☆

でも、ちょっと待って下さい。

「人生で博打なんて怖くてできない」と慎重なあなた。

そう、半年前のテツコハナヤマさん!!

あたりさわりのない言い訳をして、人生の博打を避けていませんか。

博打を避けるのには、理由があるのです。

結婚、離婚、転職……人生の博打に挑むには、ある程度の自己肯定感が必要だからです。

自己肯定感が低い状態では、丸腰同然。

自ら人生の博打を打とうとも思えません。

 

ある程度高い自己肯定感とは、

「私が選んだ選択だから、大丈夫、上手くいく。

それに、もし上手くいかなくても、何となる!

人生万事、塞翁が馬!」

大根のように土にどっしりと刺さって、ドーンと構える姿勢。

誰かに依存せず、自分で自分の価値を認めて励まし、なぐさめる力とも言えます。

根本師匠のいう「自分軸」の状態でもありますね。

 

家族にずっぷり依存されて、癒着されてきたアダルトチルドレンは慢性的な「他人軸」

自己肯定感が低く、常に正解を探し求め、失敗、間違い、否定されることを極度に恐れます。

博打をやるのも、「それは人に言われたから」(「親が結婚しろとうるさいから」etc)

そして、負けたら、「お前、あなたが悪いから」。

自分の選択の責任を引き受ける

積極的な博打はなかなかできないと思います。

 

癒着・依存を減らして、自己肯定感を高めて、

「他人軸」→「自分軸」へ。

そうして初めて、人生の博打に積極的に挑めるのだと思います。

☆☆☆

 

私の旦那さまは、穴馬券だと思っています。

女性から見ると、少々ドンくさいです。

ただ、生き方は超イケメン。

私の見つけた秘蔵っ子。

この人とどんな人生を送れるか楽しみと思って、

馬券を買いました。

ひょっとしたら万馬券に化けるかも!?

応援しがいも育てがいもあるし、楽しみだなあ(*^-^*)

でも、最終コーナー曲がったら、案外伸びなかったりして…

まあ、ダメだったとしても

かけに身を投じた自分の勇気を称賛して、ネタにして(笑)

生きていこうかなって思っています。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、婚活と天職・アダルトチルドレン克服のカウンセラーブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました