どれだけ人生に絶望したか。こんな世界消えてなくなれと思ったか。

婚活をしていると、絶望に突き落とされることがあります。

アダルトチルドレンなら、なおさら。

人から必要とされない、好かれない、愛されない、こんなに苦しい地獄はありません。

私もそうでした。どれだけ人生に絶望し、神の沈黙を恨んだか。こんな世界消えてなくなれと思ったか。

なぜ、こんなに頑張って生きている私を、世界は助けてくれないの?認めてくれないの?

いつか誰かが、あるいは神様が助けてくれる。そう思って生きてきたのは、間違いだったの?

私は昨年まで、何をやっても、常に虚無感が付きまとっていました。

よかったこと、できたことの全てが心のブラックホールに吸い込まれてしまう。

だから、何をやっても積みあがっていかない。学歴も職歴も資格も。成功しても自己肯定感が上がるどころか、どんどん虚無感に食い尽くされてしまうのです。

恋焦がれたロックマンに連絡を絶たれた矢先、自分の最もやりたかった仕事が来たのに、私の心はそれをやることにOKを出せませんでした。心にムチ打って、無理やり引き受けたけれど、まったく手をつけられず、寝たきり。失恋と重なり、本当にのたうち回って、死ぬところでした。

仕事も愛も失敗。家庭も築けない。子供もいない。そんな自分に何の価値があるのかと。当時はどん底でした。

いろんな宗教書を読み漁りました。どんな神様でもいい、私をどうか救って、助けて、と思った。

でも、私の場合はタイミングが合わなかったのか、神様たちは助けてくれなかった。家族も救ってくれなかった。

だから、自分で自分を救うしかない。そう分かった瞬間、私は私自身でこの世界を根底から変えてやろうと決めたんです。

私を否定し続けた今までの神=両親、を世界から追放しました。

そして実家に討ち入り(論破)に行ってしまったのです。かなり手荒なマネをしました。
(危害を加えないと自己暗示をかけてから行きました。頭に血がのぼっても、水をぶっかける程度で済みました)

そうでもしないと、自分が壊れてしまった所でした。

あっさり言えば、遅れてきた反抗期。ただ、一歩間違えば事件です。こうして家族の間の事件って起こるんだとゾッとしました。

 

どれだけ人生に絶望したか、そしてどれだけ心の底から神を世界を恨んだか。

そして、破壊しつくした後、世界をこの手で再構築しようとしたか。

 

そう、世界はすべて投影だとしたら、私の心のイメージのまま、世界は動く。

私を中心に、この世界を一から作り上げる。新たなる秩序と価値観をそこに設定して。

だから、私はとことんわがままです。私は生意気です。やりたいことしかやりません。

人から何て言われようとかまわない。

これが私の人生なんだから。

こう考えるようになってから、世界は大きく変わり始めました。

自分のイメージのままに、自分を基軸として、世界が再構築され始めたのです。

 

あなたを絶望させているのは、誰ですか?

その虚無感、誰に押し付けられたのでしょう?

自分を否定し消してしまう前に、自分の立っている世界を、まずは疑ってみて下さい。

本当に、これが私の生きる世界なの?

そして、その世界を心から呪ってやりましょう。

「こんな人生、私じゃない! こんな世界消えてなくなれ!」

 

そう思えた瞬間、あなたは新たなスタートラインに立てるのだと思います。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました