山が動いた。

前回までの流れ。
タイムリミット目前で。

 

その数時間後、ベッドの隣で彼が突然つぶやいた。

「ご両親に挨拶に行かないとね。俺の両親にも紹介したい」

……?????!!!

山が動いた。

その言葉に迷いはなかった。

数時間前とエライ違い。この数時間のうちに決心が固まったみたい。

え、いったい何が起こったの……!?

私のほうの心の準備は……大丈夫、心は固まっている。

何があっても彼について行く。彼を信じられる。

今の私なら、彼の言葉を受け止められる。

かつて欲しかったプロポーズを突っぱねた、苦い経験を持つ。

一度、傷つけてしまった心は二度と返ってこなかった。

でも、今の私は違う。男の人をもう試さない。もう突っぱねない。

素直に幸せを受け取っていいよ!

私は慌ててベッドから起きて、「いつにする?」と尋ねた。

後は進めるだけ。

それから15分もしないうちに、向こう半年の予定がバタバタと固まった。

両親へのあいさつ、入籍、挙式……。

ああ、とりあえず、私、本当に結婚するみたい。

ずっとしたかったけど、私には無理だと思っていた結婚。

その瞬間は突然やってきた。

あまりに突然すぎて、何だか不思議な気持ちだった。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました