イケメンが苦手な私を受け入れる。

こんばんは。婚活軍師・教育カウンセラーのテツコハナヤマです。

先日、ふぁーこ画伯のブログで「イケメンが苦手だけど、仲良く話したい」という悩みを取り上げてもらいました。
http://whywhynande.livedoor.blog/archives/16296314.html

「戦略性」が優位なわたくしとしては、「イケメンと仲良く話せる裏技教えてもらいたいな。ふっふっふ~!」と、ドラえもんのポケット並みに期待を膨らませていましたが……。

ふぁーこ画伯のお答えは、

「イケメンが苦手な自分を『それもわたしだよね』と肯定する」

え……と……

やっぱり、やっぱり、やっぱり、自己肯定感の話になるんですかー!
やっぱり、根本先生のお弟子さんですね~!(嫌味ではない)

でも、そっかー。苦手なままでいいのかー。嫌いなピーマンとかニンジンとか無理して食べなくていいってことね。まあ、イケメン苦手でも、人生にあんまり支障はないしね。

それに、自分の質問と回答を改めて文章で読むと、普段は気づかない、そして気づかないふりをしていて認めたくないことも、いろいろと見えてきますね。

イケメンが苦手って自己防衛なんだ。そこそこイケメンの父が大好きで、一番に愛されたかったけど、それが適わなかったと思って、イケメン嫌いになったのね。そして、すっごくすっごく抵抗あるけど、自分、ファザコンなのね。(こうして認定すると恥ずかしくて川に飛び込みたいっ!)。

ふぁーこ画伯のお答えの中で、私が気に入ったのは、「イケメンが苦手な自分」を認めたその先を示してくれたことです。

イケメンだろうがつけめんだろうが冷やし中華だろうが
「イケメンにもいろいろいるんだ」とわかって
自分が好きな人は好き、嫌いな人は嫌いと認められれば
楽になれると思うんですね。
(中略)
「あれ、思ってたより、イケメンじゃないや」(イラスト内の言葉)

 

イケメンが苦手な自分をまずは受け入れて、自分の父(そこそこイケメン)を投影していることに気づけば、一歩引いて冷静に相手を見れるようになるのかなって思いました。

そうやって相手に接していくと、イケメンにだって、色んな人がいると気づくのかもしれません。

「父親=(そこそこ)イケメン=女性を大切にしない。自分を傷つける。見せかけだけ。プライドが高い。やたらラーメンばかり食べる」

というのは、私から見た「うちのオトンのイケメン公式」であって、他のイケメンには当てはまるとは限らないということでしょうね。

女性を大切にするイケメンだっている。
自分を傷つけないイケメンだっている。
見せかけだけでなく、中身もイケメンなイケメンもいる。
プライドが高くないイケメンもいる。
ラーメンばかり食べないイケメンもいる……素敵なディナーに連れていってくれるかも!?

そうして、まじまじと顔を見ると、「あれ、思ってたよりイケメンじゃない」などと相手を冷静に見られるのかもしれません。

今の私はイケメンを見ると、心がざわざわしますが、「そんな自分も受け入れていこう」って思いました。

(だから、男性の方々は、私が苦手そうに距離を置いていたり、潰しにかかったりしたら、『俺、イケメンなんだ』って胸を張って下さいねっ!)

☆☆☆☆☆

ちなみに、このブログ「美人ノート」を立ち上げてから、美人を観察するようになって、「美人もいろいろだと気づく」という体験をしています。

私は「自称美人」な母から、思春期に女性性をフルボッコにされて、美人が苦手になってしまいました。

でも、改めて美人を観察してみると、色んな美人がいるんですよね。もともと目鼻立ちやスタイルが整っているわけではなく、しぐさが優雅な美人、オシャレ美人、髪型美人、メイク美人……。

そして気づいたのは、どんな美人にも欠点があるということ。そう、大して普通の人たちと変わらないわけです。

その欠点に気づかせないほど、長所や個性を際立たせるのが上手な人たちが「美人」なんです。

それは、イケメンにも当てはまるのかもしれません。

でも、今は美人のようにイケメンを観察する心の余裕はないので、ディーンフジオカ、高橋一生、遠藤憲一様(私のどストライクイケメン☆)などなど、テレビでまったり鑑賞するだけでいいかな~。って思います。

テレビのイケメンはぜったいに攻撃してこないからね。安心、安心♪

いずれにせよ、ふぁーこ画伯、相談に乗っていただきまして、
本当に本当にありがとうございました~!

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました