アパレルショップで褒め言葉を受け取るトレーニングをした。

こんにちは、テツコハナヤマです。

昨日、「褒め言葉が気持ち悪かった私のビフォー・アフター カウンセリングで考え方が180度変わった。」という記事を書きました。

ビフォー・アスターすげー!と反響もいただきました。まあねっ!

それで、改めてどんな所で褒められるを練習して、自分の変化を感じたのだっけ?と思い出してみました。

いきなり、家族や友人の前で褒め言葉を笑顔で受け取るのも、恥ずかしいですよね。

「お前、キャラ違くない?」って言われるのも嫌だし。

それで、私が試したのは、エキナカやデパートのアパレルショップ、服屋さんでした。

ファッションにうとい私は、3年前に婚活を始めた時、デートに着ていく服がありませんでした。

自分にどんな服が似合うのかも、よく分からず、面倒くさがりながらも、渋々アパレルショップに行くようになりました。

そこで、ショップ店員さんたちが話しかけてくるのですが、コミュ障な私にとっては、それもまた面倒でした。

そもそも、最先端のオシャレ女性と話すだけで、とても気おくれしましたし、

当時は「服ぐらい、黙って買わせろよー!」って思って、

ひたすら話しかけないでオーラを出していました。

しかも、ショップ店員さんってやたらと褒めてくれますよね。

「スタイルがいいので、お客様にお似合いですぅー」なんて。

お世辞率も高いので、失礼ながら、初めは気持ち悪かったのです。

ただ、やっぱり向こうはプロです。

最初は当たり触りのないことを言っていても、真剣に似合う物を選ぼうと頑張ってると、

向こうもプロとしてのアドバイスをくれます。こちらの魅力を全力で探してくれます。色々とコーディネートも提案してくれます。

初対面で相手から話しかけてもらえる機会って、大人になると、なかなかないと思うんです。

しかも、雑談せず、服選びという、いきなり本題に切り込める!

一期一会であとくされもない。

しかも、買いたくなければ、買わなくていいから、お金もかからない。

それに気づいてから、段々とショップ店員さんと話すのが楽しくなってきました。

初めは近寄られるだけで、拒絶反応を起こしていましたが、今では私の魅力や似合う物を教えてくれる「先生」です。

店内でやり取りするのに慣れてきて、もし気に入った服があったら、試着してみるといいと思います。

そして、できるならば、「どうですか?」って感想を聞いてみる。

ここで重要なのは、試着した自分を見せる勇気です。

もちろん向こうは「お似合いです」などと褒めてくれます。勇気を出したのだから、その褒め言葉をしっかり受け取る。そして、今すぐ買いたくないな、と思ったら「ちょっと検討します」と断る。

好意を示してくれた人に断る勇気までセットで体験できるのが、アパレル店トレーニングのいい所です。

いい人をやめたい人にもお薦めです。

そうして、月に1回、週に1回でも、アパレル店巡りをしていると、定点観測になるので、自分自身の変化にも気づきます。

私の場合、「モデルさんのような雰囲気なので、ハイエンド系の大胆な服がお似合いです」と言われも、

「まあ、いけしゃあしゃあと嘘が付けるなあ。立て板に水だなあ」と初めは思っていました。

でも、今では彼女たちの提案がよく分かります。

私はもともと地味で安い服が大好きで、今でもユニクロ・しまむら愛好者です。

ただ、背が高いので、モード系の派手な服が確かに映えるのです。(パーソナルカラー:ウィンター)

だから、彼女たちのアドバイスに従って、ここぞという時に自分を上手にコーディネートできるようになってきました。

褒められる長所、すなわち自分の魅力が受け取れるようになってきたのでしょうね。

ま、普段地味なので、「へ?なんでそんな派手な格好しているの?」のたまに言われますが、

「大人には色々と事情があるのだよ、ワトソン君」とか何とか、よく分からん返しができるようになりました。

てなわけで、アパレルショップ巡りは、

褒め言葉を受け取る練習+人から見られる練習+断る練習+自分のブランディングにつながる、というお話でした。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました