子育てをしながら在宅ワークする才能。お弟子仲間と話して。

【子育てをしながら在宅ワークする才能。お弟子仲間と話して。】

前回 働きたくても働けない。フリーランス保活難民まっしぐら。

ちょうどフリーランスの先輩と話す機会があった。

1期お弟子仲間の黒江香さん。セクシャリティや女性性を扱うカウンセラー。

コロナ禍で帰省をやめて、家にこもりっぱなしの中、元旦から話し相手となってくれた。

ありがたい。

フリーランスを始めてから、同業者だからか、彼女を意識し、尊敬するようになった。

それは彼女の実行力の速さだ。

彼女は非常に腰が軽い。

自分で何かアイデアを思いついたら、他人の目を気にせず、すぐに動く。

分からなかったら、すぐに人に聞く。

聞いたことは、何でも試してみる。

やると決めたらブレない。マイペースにひたすら続ける。

いったいどうやって子育てしながら、仕事をしていたのだろう。

彼女も当初は保育所に子供を預けられず、旦那様の帰宅が遅いため、ワンオペ育児をしていたそうだ。

そこで一時預かりをしてくれる保育所を見つけて、少しずつ仕事を再開したとのこと。

あとは、日常でのほんのちょっとした工夫だ。

子供を相手に講師業の練習をしてみたり、早く寝かしつける工夫をしてみたり。

自分自身が煮詰まらないように、家の中で少しでも子供と楽しく過ごす工夫をすること。

色々と聞いてみると、ちょっとした日常生活の中の工夫がわんさかと出てくる。

「すごいねー!」

思わず口をついた。

彼女は「そういわれてみると、生活の中で楽しみを見つけることは得意だけど…」

とピンときていない様子。

後々聞いたら、彼女はこの「すごい」を受け止められなかったという。

自己肯定感の問題もあるかもしれないが、

これが”才能”というものだと思った。

自分ではごくごく当たり前にできてしまうこと。

自分ではたいして「すごい」とは思わないこと。

で、他人に与えると感謝されること。

彼女は日常を楽しみながら、子育てを楽しみながら、仕事をする術を知っている。

最近の彼女のSNSの投稿は、キラキラしている。

手料理や家に飾ったお花、子供との他愛ないやり取りなど、日常に身近な投稿が多くなったことが関係していると思う。

とてもいいエネルギーを感じる。

日常に楽しみを見出す、彼女の才能が伝わってくるからだろう。

さてと、私は家事育児をしながら、在宅で仕事ができるだろうか……。

 

 

 

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
毒親育ちが婚活難民を脱出し、誠実な癒し系の旦那様とめでたく結婚。「天職と愛する人と豊かに生きる」はずが、田舎で産後クライシスとワンオペ育児に荒ぶる日々を発信中。根本裕幸氏のお弟子さん1期。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました