働きたくても働けない。フリーランス保活難民まっしぐら。

【働きたくても働けない。フリーランス保活難民まっしぐら。】

困ったことになった。

働けない。働きたくても、働きようがない。

妊娠して出産して子育てして、フリーランスとしての仕事は結局できていない。

働きたいのだが、働けない。

子供の預け先がないのである。

自営だと点数が低くて保育所に入れない。だから働けない。だから保育所に入れない。

ああ、、、無限ループ。

制度のひずみにハマってしまった感がある。

自営・フリーランスになって分かったこと、それは乳飲み子を育てるにはあまりにも不利だということだ。

この国の制度は今、共働き正社員を前提にできている。

役所に相談したら、「お子さんが寝ている間に仕事できますね」と言われて門前払いとなった。

悲しいことだが、いまの日本は正社員でない人が子育てするには著しく不利である。

せっかく会社というしがらみから離れて、好きに仕事できると思ったのに!

実家も遠い、ベビーシッターもいない。

田舎暮らしは自然に囲まれていて楽しいが、乳飲み子を育てるにはデメリットが多い。

育休も産休もない。ひたすら無収入が続くということは、「お金のブロック」が強い私には、正直とても心臓に悪い。

好きな仕事をして稼いでいるということは、私のアイデンティティの一部であった。

お金が稼げない。あまりに張り合いのない生活。

旦那さんの稼ぎをあてにするしかないのだ。

あなた行ってらっしゃい。私たちのために頑張ってきて♡

と見送るということだ。

「逃げ恥」のように、家事育児労働代を旦那さんに請求したいが、

旦那さんの稼ぎで支払うことは難しい。

自立を手放せということなのか。

育児に価値を見出して、ひたすら集中しろということなのか。

専業主婦道を極めよということなのか。

2021年、私は何者になるのだろうか。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
毒親育ちが婚活難民を脱出し、誠実な癒し系の旦那様とめでたく結婚。「天職と愛する人と豊かに生きる」はずが、田舎で産後クライシスとワンオペ育児に荒ぶる日々を発信中。根本裕幸氏のお弟子さん1期。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました