「私は自由」と唱えたら、子供がかわいいと思える瞬間が確実に増えた。

「私は自由」。

そう口に出してから、だいぶ気分が変わった。

忙しい状況は変わっていないのに、不思議だ。

ふと手を止めて姫の顔をじっと見ながら、「あら、かわいい♡」と思う瞬間が確実に増えた。

育児の合間に無理に色々とやろうとしないで、ゴロンと横になれるようにもなった。

家事や雑務が進まなくても、「まあ、姫が1日無事に生き抜いてくれればオッケー」と思えるようになってきた。

この心の余裕は、どこから来ているのだろう。

自由になるのも、ならないのも、自分次第。選択権は自分が握っている、と思えたからだろうか。

いつもの執着と手放しの原理だ。

からくりはたぶん、こうだ。

今までは、「自由でありたい」「自分の時間が欲しい」と必死に自由に執着していた。

執着は選択肢がない状態、おそれの気持ちから生じる。

私の場合は「自分の時間が奪われる」というおそれの気持ちだった。

でも、執着を、前向きなこだわりに変えてみる。

「育児をしながら、自分らしい時間を持つ」という前向きなこだわりへ。

すると、

「今の不自由という状況は自分で選んでいる。

もっとも赤ん坊を育てているんだから、しゃーない面もある。

ただ、いざとなったら知恵と工夫次第で、いつでも私は自由になれる。

選択権は自分にある」

と思うようになる。

前向きなこだわりは、ワクワクするエネルギーを作る。

そうすると、自分が余裕を持つことに対して、色々な手を思いつくようになる。

家事は外注したっていい。料理は手を抜いたっていい。

食費気にせず、お惣菜に頼ってもいい。(島のお惣菜は本土の2倍する)

ブログや日記は全然書けなくてもいい。

おふろに入れなくてもいい。(そりゃ、入りたいけど)

きつかったら、遠方の実家に戻ればいい。(親との仲はおいといて、育児は頭数が多い方がいい)

とにかく誰かに頼ればいい。産後ドゥーラとかベビーシッター。

旦那さんを育成する、とか。

コーヒーもガバガバ飲まなきゃ大丈夫。飲んじゃえ、飲んじゃえ。

さらに、罪悪感やもろもろの思いに縛られていたのだとも気づいた。

子供をかわいいと、いつも思っていない自分にイライラする。

母親なのに、のんびりしていたら、忙しい人たちに申し訳ない。

元祖ワンオペの母親と同じ気持ちを味わいたい。

世の中には、不妊治療に励んでいる人たちもいる。私はスムーズに授かったんだから、たかが育児で文句を言うべきではない。

産む病院でコロナ患者が出たと知ってストレスマックスだった時、「この子だけは無事に産みたい。後の願いはどうなっても構わない」と思ったくせに、不自由なことに対して愚痴をいうべきではない。
(ただ、こう思ったことは、一生心に刻んでおきたい)

などなど……

ブログを読んだ人から、「自分なりの新しいお母さん像を作っている」とのメッセージもいただいた。

私は心に余裕を持って、子供と接したい。

ワンオペ・ヒステリー母を反面教師に、どうしたら自分らしく余裕を持てるか、これからも思考錯誤していく。

不自由を楽しみながら、自分の時間を作りつつ、育児をしたい。

それが私の願いだ。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、婚活と天職・アダルトチルドレン克服のカウンセラーブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました