母になっても「私は自由」。久しぶりの海辺で瞑想から得た言葉。

日々のこと

里帰り先から帰って、旦那さんと二人だけの育児が始まった。

旦那さんは子供の扱いがまだよく分かっておらず、実質ワンオペ状態。

3カ月留守にした家の中はちっとも片付いておらず、ゼロからというよりも、マイナスからのスタート。

やる事が山積みで、育児の合間にひたすらタスクをこなす仕事モード。

ああ、やらなきゃ、やらなきゃ、やらなきゃ……やることが、たくさん!

いつまでたっても終わらない。

子供との時間を楽しむ余裕は正直ない。睡眠不足で常にけだるい。

赤ちゃんが泣いたりぐずったりすると、イライラしてしまう。

そして旦那さんにもあたってしまう。

そんな自分まで嫌になってしまう。

最初の1週間で、家族水入らずの生活は行き詰ってしまった。

旦那さんに子供を見てもらっている最中、衝動的に海辺へと車を走らせた。

妊娠中にはよく散歩、瞑想をして、たくさんのインスピレーションを得た場所。

夕闇は海と空の狭間に美しいグラデーションを作り、漁火がチラチラと輝いていた。

こんなに大自然に身を浸すのは、何カ月ぶりだろう!

久しぶりにほんの数分、自然に身を委ねて、呼吸してみた。

そうして、ふと湧いてきた言葉。

「自由」

「私は自由」

母になると、不自由になる。

夫は協力してれず、妻にばかり負担がのしかかって、イライラし続ける。

自分ばかりが我慢して、自己犠牲ばかり。

私は以前から母になることについて、そんな観念、思い込みを持っている。

私の母は元祖ワンオペ・ワーキングマザー。

いつも余裕がなくイライラしていて、ノロい私は日常的に容赦ない鉄拳、罵声をくらっていた。

こんな経験から、私は子供が欲しいと思うと同時に、子供を持つことが恐怖だった。

子供を産むまでは、この思い込みとの格闘の日々だった。

そうして、母の姿をコピーしたように、私は今、イライラして、夫にあたりまくっている。

でも、母になったら、不自由になる。

本当にそうなのだろうか。

いや、人間、どこで何をしていても、心は自由なはずなのだ。

自由でないのは、自分が自分で自由をなくしているのだ。

根本さんが常々説いているように、欲しいものは両方手に入れていい。
https://nemotohiroyuki.jp/manwoman-psychology/35601

母であることも、自由であることも。

誰にもしばられない。

「私は自由」

そうつぶやいてみたら、心がほおっと溶けるように、軽くなった。

「私は自由」

「私は自由」

母になっても、育児で大変でも、私は誰にも縛られず、自由である。

もちろん、育児は大変な仕事だ。時間もお金も心の余裕もなくなる(ように思える)。

日本のお母さんには、えげつないくらいの理想と負担と責任がのしかかる(ように思える)。

でも、「育児をしながらでも、私の心は自由」

そう感じる方法は、必ずあるはずだ。

帰り道、にゃんこがたくさん寄ってきた。

うち一匹に、我が子の面影を感じた。

さてさて、おうちに戻ろう。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、婚活と天職・アダルトチルドレン克服のカウンセラーブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました