出産から1カ月余り。「可愛い」と思うハードルの高さ。ものすごいスピードで1日が終わる。

出産から1カ月がたちました。

正直、睡眠とご飯、おふろの時間を確保するのに精いっぱい。
(おふろはうっかりすると入り忘れます)

覚悟はしていたものの、予想以上に自分の時間が取れません。

ママになっても、自分の時間は何とか確保する!と密かに誓っていたのに…。

ストレス発散になるので、せめてブログを書く時間だけでも確保したい。

いや、もう時間をコントロールしようとしないほうがいいのか。

子供のペースに身を委ねて、自分の時間が欲しいという思いを手放した方がいいのか。

心は揺れています。

子育て経験のある方、何かアドバイスがあったら、お願いします。

授乳とオムツ交換、泣いてあやしてを繰り返しているうちに、

毎日があっという間に終わっていく。

とにかく1日が過ぎるのが早い!

朝起きて、気がつけば夜になっている。

浦島太郎になったのか、時間軸が狂ったのか、というくらい、とんでもないスピードで毎日が過ぎていく。

お世話が義務的に、仕事のようになって「やらなきゃ、やらなきゃ」で頭がいっぱい。

「早く寝てくれないかな」「早くミルク飲み終わってくれないかな」「早く泣き止まないかな」

ああ、早く!早く!早く!

追い立てられるように、疲れた身体にムチ打って、作業をこなしていく感じ。

タイミング悪く泣き始めると、舌打ちして、「ちっ!このウ〇コ垂れ蔵め!」と悪態ついたり。

赤ちゃんとの時間って、もっと甘くてほわほわした幸せの時間だと思っていたのになあ。

そんな甘くてやわらかい時間は、自分に心の余裕があって、しかも意図しないと、なかなか確保できない。

周りの子育て中のお母さんに聞いても、時間の感覚はだいたいこんなものみたい。

「育児が楽しい。子供が素直にかわいいと思えたのは、ずいぶん時間がたってから」

そんな話をしてくれたママさんが何人もいた。

もちろん、我が子を「かわいい」と思わない母親はいない。

けれど、心に余裕を持って「かわいい」と思えるのに、そんなハードルがあることだなんて!

出産前には知らなかったよ!

ていうか、そんな育児嫌だよ―! 殺伐としてばかりの育児なんて嫌だー!

20代の体力はないけれど、年の功、知恵と知識を活かして、ココロに余裕を持ちたい。

ほわほわした幸せな時間、かわいいと思える時間を、5分でもいい、毎日味わいたい。

それで、寝かしつけの時間に、1日を振返りながら、ありがとうを言う時間を作りました。

おっぱいをあげながら、キスしながら、

「朝起きるの早かったね。

真っ赤なお洋服が似合っているね。

うんちがいっぱい出たね。

エビカニクスの曲に合わせて踊ったね。

お散歩して、会った人に話しかけられたね。

うんちゃら、かんちゃら……

今日も1日頑張って生きてくれて、ありがとう。

無事に過ごしてくれて、ありがとう。

1日一緒にいてくれて、ありがとう。

ママ幸せだよ。

明日もよろしくね。」

この言葉を唱えていると、

じんわり幸せに包まれて、涙が出てくることがよくある。

日中の殺伐とした気持ち、ムカッとした気持ちも、この数分で何とかチャラになる。

そんな感じで、殺伐としながらも、無事1カ月を乗り切ることができた。

姫よ、産まれてきてくれてありがとう。

とりあえず1カ月無事に生きていてくれてありがとう。

ママもこのカ月、頑張ってお世話してくれてありがとう。

この1カ月、お互いに生き抜いただけで、万々歳だ!

明日もよろしくね。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、婚活と天職・アダルトチルドレン克服のカウンセラーブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました