里帰り1カ月で色んなことがありすぎて…まだ産まれません。

こんにちは。テツコハナヤマです。

現在妊娠38週ですが、赤ちゃんはまだ産まれる気配はありません。

医療体制やサポート体制などを検討し、悩み抜いた末、7月に実家に里帰りして産むことになりました。

が……毒親家庭への里帰り、やはり一筋縄ではいきませんでした。

この1カ月でこんな経過をたどりました。

・実家に帰る直前に呼吸が苦しくなるも、とりやめず何とか出発
・潔癖症のお父さんがコロナで家に引きこもり、まったく外出しない
・そもそも父への嫌悪感が激しく、同じ家に住むのが辛い
・両親が相変わらず不仲。喧嘩、暴言、逆切れに巻き込まれ、喧嘩の仲裁に入る日々
・母が優しい旦那に嫉妬して、爆発しまくり
・実家に居られず、ファミレスを転々とする日々
・妊婦の前でキレてはいけない、機嫌を取らせてはいけないと両親に説明する
・ていうか、キレてるってどういうこと?と父から基本的な質問が飛び出す
・身体が拒絶反応をおこして強張るようになり、ホテルへ退避
・10日間ホテルで独りきりになって癒される
・実家に戻る。両親は反省して優しくなっていた
・パーソナルスペース確保のため、ついたてを購入
・父が視界に入らず、実家で快適に過ごせるように
・産む病院でコロナ院内感染発覚!で動揺中☚今ここ

臨月なので、お腹はパンパン。

ただでさえコロナ渦で先が見通せない中、

メンタル、肉体ともになかなかにシンドイ状況ですが、

心理学を勉強したお陰で、メンタルの切り替えがかなり早くなりました。

昔だったら、パニックになってとっくに自滅して、身体も壊れていたと思います。

困ったら、すみやかに人や仲間に相談して、一人でたこつぼにハマっていないか、客観的に検証するようにしてきました。

支えてくれるママ先輩、仲間たちには、感謝してもしきれません。

適切な助言、さまざまな視点、励ましの言葉を受けて、前向きになれます。

そして、旦那さんは、毎日電話やメールで優しい言葉をかけてくれて、私をサポートしてくれています。

「とにかくリラックスして、心地良く過ごすことを最優先にして」と言ってくれて、ありがたいです。

実家でピリピリしていても、旦那さんとやり取りすると、ココロが温泉に入ったように、ほかほかとほぐれます。彼の癒しのパワーに救われています。

こんな状況で「次、次!」とひとつひとつ乗り越えて、今に至ります。

詳細を下書きに書いているので、ボチボチ公開したいのですが、ブログの更新もしんどいので、余裕が出てきたら…。

ほんと、何とか無事に産めるといいなー。今はそれだけです。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、婚活と天職・アダルトチルドレン克服のカウンセラーブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました