一時期よく似ていると言われた三浦春馬について

10年ほど前、彼が新幹線のCMに起用された頃、同僚がまず気づいた。

「君、よく見ると、春馬に似てないか?」

「…⁉」

当時は北国の田舎町に住んでいたのだが、新幹線開通を前に、

ローカル線のあちこちで彼のポスターを見かけた。

元々、いいなと思っていた俳優さんであった。

ただのイケメン枠に収まりきらない、品と清らかさと芯を秘めたオーラがあった。

ドラマ「サムライ・ハイスクール」で時代劇が似合うことが分かり、「将来、大河ドラマで活躍しそう」と思っていた。

そんな今をときめく、キラキラした人気イケメン俳優。

突然似ていると言われても、ピンとこなかった。

その後も酒席で、何人かの方から指摘された。

冗談っぽく「似てるけど、親戚?」と聞かれた。
(東京は田舎と違って親戚だらけではありません……)

母からは「我が子ながら、横顔がそっくり」とも言われた。

本物を見た人から、テツコよりはるかに華奢でキレイだった報告も受けた(し、失礼な!!)

当時、ショートカットで男性オーラ全開でバリバリ仕事をしていた私。

なるほど、鼻筋は彼のように通っていないが、目元、口元あたりはよく似ている、かもしれない。

人気芸能人に似ているなんて、ラッキー!

それからは自己紹介のネタとして、お気軽に名前を拝借していた。

 

そんなある日、彼が巻頭を飾っている雑誌を何気なく手に取り、あるページで私は突然フリーズした。

斜めアングルから撮った彼の写真が、鏡を見ているかと思うほど、自分にそっくりだったのだ。

かたや今をときめくスター俳優。かたや田舎であくせく働く、くたびれた社畜系女子。

それが、なぜこんなにも似ていると思ってしまうのか。

何とも言えない、ざわついた気持ちになった。

 

それから、彼のことは、自分の中ではネタとして済まされなくなっていた。

他人事のように思えず、かといってファンを公言するのもはばかられ、

おそるおそる、ひっそりと彼を定点観測してきた。

彼は青春映画の主演俳優として活躍した後、どんどん骨太な役ができるようになっていった。

身体も鍛え、マッチョイムズに走る所が、少々気になっていたが……俳優だし、舞台もやっているし、男の人ってそんなものかなとも思った。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」では主人公・直虎のいいなずけ役を好演。

カリスマ性あふれる柴咲コウ、名バイプレイヤー・高橋一生との三角関係を堂々と演じてみせた。

(「直虎」は特に前半が素晴らしく、この3人の名演は、大河史上屈指の美しい三角関係であると思う!)

ミュージカル「キンキーブーツ」のドラッグクイーン役は生で見られなかったが、ニュースの映像を見て、一皮むけたことは容易に想像がついた。

さらに、彼は童貞役のコメディーでも新たな魅力を開花していた。

この頃、彼は顔の骨格も身体つきも、すっかり壮年の男らしくなっていた。

私も眉毛を変えて髪を伸ばしたこともあり、さっぱり似ているとは言われなくなった。

 

最後の定点観測は、7月18日の朝だった。

これは虫の知らせでも何でもなく、

出演する映画の公開を控え、彼をトピックにしたニュースがたまたまネットに上がっていただけだ。
三浦春馬が『コンフィデンスマンJP』で演じるジェシーが魅力的な理由 ダー子との真の関係は?

「いい俳優になったなあ。輪郭がずいぶん角ばってきて、短髪がカッコいい。男ぶりをあげたなあ」

久しぶりに惚れ惚れと彼の画像を見た。そこにもはや、自分の面影を探すことはなかった。

その後、私は昼寝をした。

夕方、目が覚めてから、何気なくニュースを見て、「???」となった。

頭が混乱して、事態がうまく呑み込めなかった。

同姓同名の別の人がいるのかと疑ったくらいだ。

 

それ以降、彼にまつわるニュースを、私は積極的に見ることはできていない。

偶然、ニュースの映像が目に入り、10代後半から20歳そこそこの彼が、一番自分に似ていたな、素直に感じた。

カウンセラーだから色々と分析をすることはできる。

でも、彼について掘り下げることは、今はあまりしたくない。

何だか実感が湧かないことにしておきたい。

「おんな城主 直虎」で主人公が恋焦がれた彼が、陰謀に巻き込まれ、あっさり画面から消えたように。

数々のスクリーンに残る鮮烈なきらめきを、ただ脳裏に残しておきたい。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、婚活と天職・アダルトチルドレン克服のカウンセラーブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました