武士のコーチング・「取り残された意味」について考えてみる~差別も苦しみも味わい尽くし、芸の道を究めるべし!!~

拙者には師匠がいる。強い侍になるための、侍の師匠である。

強い侍になるには、どうすればいいか、侍の魂を表現する作り手となるには、どう生きるべきか。自身も使い手であり、侍の心を持っている師匠は、私をいつも導いてくれるのである。

※ちなみにコーチング中はお互い正座して、禅問答のように向かい合うのである。

師匠:なぜ一人だけ残されたのか?その意味とは?

鐵子:家族と絶縁する機会なのかもしれない。

師匠:その選択しはありうるのか?

鐵子:否。私は人を切れない。

師匠:君はなぜ生きているのか?

鐵子:剣の使い手となり、それを表現するため。人の痛みに寄り添うため。

師匠:では今回のことは、どんな意味があるのか?

鐵子:差別された者の痛みを知る。疎外された者の悲しみを知るため。

師匠:そういう苦しみを知らなければ表現者となりえないだろう。むしろ忘れようとせず、この感覚を徹底的に味わい尽くしては?お主の場合、全てが芸の肥しとなるではないか。まして時代物は階級社会。差別を知らない人間が書けるものではない。

鐵子:おおっ!私の心は荒れ狂っております。これを鎮める必要はないのでしょうか?

師匠:そのままにしておくがよい。むしろ、強く深く味わうべし。

鐵子:剣豪たちにもそんな時代があったのでしょうか?

師匠:うむ。若いころこそ、もっと激しく、荒れ狂い悩んだ者のほうが多いはずじゃ。若いうちから落ち着いていたら、つまらぬ人物になってしまうぞ。儂も血気盛んな時代があったわ。はっはっはー!

鐵子:吉川英治の宮本武蔵しかり……

師匠:悲しみも苦しみも体の感覚まで全て覚えておくのじゃ。

鐵子:今、書きたい作品が思い浮かびました。

師匠:ほほう!どんな?

鐵子:「渡る世間は鬼ばかり」!

 

~ちゃらららららら、ちゃららららららーたたたたたーん♪~

 

 

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました