毒親への許しの瞬間は突然やって来た!家族の結婚式にハブられた私に起きた奇跡③出国審査で止められる!

ビザは無事発行された! 私たち家族は、お互いに健闘をたたえ合った!

やった、これで家族の絆を取り戻せる!

だが、私は何だか説明のできない気持ち悪さを感じていた。

潜在意識に何かがひっかかっていた。何か嫌な予感がする。私は無事出国できないのではないか……(この理由は後に判明する)

その予感は当たってしまった。

チェックインし、スーツケースを預け、手荷物検査も済ませた。

そして、出国審査でパスポートをセンサーに何度もかざすが、反応しない。へ、どういうこと??

入管の職員さんがやってくる。「あ、このパスポート無効ですね!」

「???!?」

なんと、私のパスポートは、再発行前のパスポートだったのだ。

以前、私はパスポートを紛失して再発行した。その後、無くしたパスポートは見つかったのだが、その無くしたパスポートと再発行後のパスポートが入れ替わってしまっていたのだ! 新しいパスポートは、実家のリフォームの混乱の中、破棄されてしまっていた。

期限が同じなので、パッと見で判別のしようはない。ただ、写真は微妙に違うし、ページをめくれば履歴で分かる。私が感じていた何かつっかえるような、違和感は、パスポートの微妙な違いを意識がキャッチしたことから、来ていたのではないか。

ショックというよりも、腑に落ちた感があった。私は別の便に乗ろうとしている両親に電話をかけた。

強い口調で両親に「どうしてくれるの?」と迫った。

すると、父は「じゃあ、来なければいいだよ」と開き直ったのであった……!?

(続く)

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました