「ひとりぼっち」

心の中の小さなすねた女の子にインタビューしてみたら、こんな詩を紡いでくれました。
学校の教室で読んだら、みんながシーンと落ち込みそうな感じですねー(他人事風に)

「ひとりぼっち」

はなやま てつこ 作

みんな南の島を楽しんでいるのに、

私だけ東京の日常に取り残されて、ひとりぼっち

でも、この感覚、慣れているんだー

だって、家にいても、いつもひとりぼっちだったから

家事も勉強もスポーツも家族の面倒を見るのも、

何でもひとりで何でもやってきたし、

周りからもそれが当然だと思われていたから

今回も一人行けなくなって、どことなく納得している

まあ、どうせひとりぼっちだから

こんなの慣れっこだから

どうせ、ずっとひとりぼっちだから

私のこと分かってくれる人なんていないから

ひとりぼっちでも、一匹オオカミになれば、怖くないから

強くて賢い一匹オオカミなら、どこに行ってもやっていけるから

でも、時々なかまに入れてほしいな

遊ぼうって言ってほしいな

でも、楽しく遊んでいて、突然仲間外れにされるくらいなら

ずっと一人のままのほうがいいなあ

ひとりぼっちは怖いけど、ひとりぼっちは楽

だから私はいつも、ひとりぼっち

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました