【結婚式40日前】ブライダルインナー購入時にサイズがB⇒DかEカップと判明!毒母の呪縛恐るべし!

日々の気づき

こんばんは。

結婚式で10年ぶりくらいにジェルネイルした爪が伸びてきて、パソコン打ちにくくて、困っているテツコハナヤマです。(ネイルしている人はどうやってキー打ってるんだろうか?)

結婚式ではドレスを着る時に、専用下着(ブライダルインナー)を着るのです。

上はビスチェ、下はパニエ(フレアパンツ?)と言います。

「えー、普通の下着じゃダメなの?」って最初は思いましたが、

上のビスチェはまあ、よくできています。脇のお肉をうまくカップに入れて、大きく美しいバストラインに仕上げてくれるのです。

あるドレスショップでは上下で5万円くらいで紹介されびっくり。

結局、私は上のビスチェのみ2万円のものを買いました。(こうやって何だかんだでお値段がかさんでいくのですね……)

下のパニエはペラペラの下着で、正直なくてもいかなと思いました。自分で持っているガードルでも毛糸をパンツでもはけばいいと思います。私は結局、買いませんでした。(気分を上げたい人は買えばいいと思います)

ただ、上のビスチェは、結婚式以外でも肌の出るワンピースを着たい時、スタイル良く見せたい時にも使えるので、女性として1着は持っていて損はないと思います。

★★★

で、本題に入ります。そのビスチェを試着する際、胸のサイズを測ったのです。

ハナヤマをご存じの方は「胸がそんなに目立たない」「平べったい」イメージがあると思います。

そう、私のサイズはコンパクトな「Bサイズ」。

だから、いつも着けているBサイズをリクエストして試着したのですが、

店員さん「何言ってるんですか?全然入りませんよ!Dでも厳しいな。Eカップですね」

ビスチェは一人で着られないので、補助してくれる店員さんに瞬殺で叱られました。

(´・ω・)?……えっ、何を言っているの? この店、頭おかしいんじゃないの?

と思って、2店舗目へ。そこでも

「D…いやEカップですね」

と言われました。

……(かなりの間)……ええええ( ゚Д゚)???

この20年、Bカップのブラジャーを愛用してきたわたくしハナヤマ、事がうまく呑み込めません。

そういえば、DだのEだの言われたのは今回が初めてではないのです。

たしか昨年、勇気を出して初めてランジェリーに挑戦した時にも同じことを言われた記憶があります。この時も「独特のカップ設定の店かな?変なの」と聞き流していたのです。

★★★

テツコハナヤマ、思春期から常々母親に言われてきた台詞があります。

「はあ~あんたは胸が小さくてコンパクトでいいわね。私はおっきくて走ると揺れるわ、男の人の視線が集まるわ、面倒くさいのよ。あなたくらいのサイズだとちょうどいいわね」

 

……母ちゃん、犯人はあんたやな(-_-メ)

 

そう、私は20年間、母の言葉を鵜呑みにして、自分の胸が小さいと思い込んでいたんです。

だからサイズの合わないブラジャーを付けて、胸をつぶしていたんです。まるで宝塚の男役のように。

立ち居振る舞いも、無意識に胸が極力目立たないようにしていました。

猫背で、胸を張る姿勢は極力取らないようにしてきました。鏡を見て、胸がなるべく目立たないように、チェックしていました。(むしろ胸が出てると違和感を覚えていた。)

服装もピッチリと胸が目立ったり、谷間の見えたりするものは、決して選びません。

そうやって母親の気に入るような「胸のない自分」をあらゆる努力で作りあげてきたのです。

この20年にわたって。

ひゃー信じられませんね。

何なんだよ、その無駄な努力は!

いや、気づかない自分がバカなんですけど。

出すもの、出しなさいよ!

(毒)親の言葉の呪縛ってマジで恐ろしいですよ。

★★★

実は胸に関しては、もっと嫌な記憶があるのです。

思春期で胸がふくらんできた頃、ブラジャーをせずに薄手のTシャツかなんかを着て、リビングで胸がすけてしまっていたことがありました。

それを見た母親が父親の前で突然叱り出したのです。

そして父の前で私の胸のことを色々とからかったのですが、その時のゆがんだ鬼の形相が今だに忘れられません。

今でも思い出すと心臓がキューッと縮み、呼吸が苦しくなります。

母親としては建前上、私の身なりを注意したんだと思いますが、

きっと女性としての私の成長に嫉妬していたんだろうな……。

かあちゃん、私の胸、結構おっきかったんだぞ。

ちなみにかあちゃん、私より胸おっきいのに、自称Dカップだけど、

あんた、GとかHぐらいあるよね。

グラビアアイドルかっ!

まあ「小さくてうらやましい」に悪意はなく、本音だった可能性がありますな。

母親の「D」を基準にして、「B」だと思い込んでいたのですね。

基準となる人のサイズがそもそも間違っていたのです。

前提を疑え! 毒親トリック見破ったり!!

ハナヤマが常々セッションでブログで説教している言葉ですな……(自戒)

さて、この記事をお読みの皆さん。

ブラのサイズは大丈夫でも、日常に潜む別の「毒親トリック」が、あなたの人生を縛っているのかもしれませんよ。

ハナヤマは毒親の呪縛、トリックを見破るのが大得意です♡(人のはね、人のは!)

トリックに気づいて、生きづらさを解消。ともに豊かになりませんか?

11/26改訂【結婚式で豊かさのブロックを外そう】ご祝儀キャンペーン&12月カウンセリング日程

 

あ、今度会った時、胸見ないでくださいね……(照)

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました