炭酸泉で意識と無意識の狭間へ。6歳の泣いている自分と対峙する。

今はやりの炭酸泉。炭酸(二酸化炭素)が溶け込んだお風呂。

38度くらいのぬるま湯が多く、ボーっとしながら、長湯することができる。

昨日いつもの銭湯が休みで、別の銭湯に行ったら、そこに炭酸泉が!早速、入浴。

自分だけかもしれないが、炭酸泉に入ってリラックスしているだけで、意識と無意識の狭間に短時間で行ける。(かつて、元カレを手放すことに成功し、味をしめたのである。)昨日も入って5分くらいで、意識の底に沈んでいく感覚を覚えた。

そこには6歳くらいの女の子がむせび泣いていた。鼻を垂らして、うわーん!びえーん!

ああ……これは、ここ数日暴れまわっているものの正体だ。小さいころの寂しくて落ち着かない自分の姿。怒りと悲しみの源。

心の奥底がヒリヒリと傷む。抱っこしてあげて、思う存分泣かせてあげた。泣きつかれると、寝てしまった。すやすやと寝ている彼女を見て涙があふれた。

私はこれくらいの年には、もう親に甘えることができなかった。逆に不安定な親たちを精神的に支える側に回っていた。だから、感情とはコントロールするものだと長年思っていた。

涙をお湯でバチャバチャとごまかし、フッと意識の表面に上がってくる。抱いているのは、自分の身体だった。

自分で自分を抱きしめる。自分って温かいな、優しいな、繊細だなと思って、そっと抱きしめる。宝石を愛しむかのように。

(※あ、これ決して、不埒なこと公共浴場でしてるという意味じゃないっす!誤解なきよう…)

昔はそんな寂しいことしたくないと思っていた。けれど、最近はこんなに尊い行為はないと思うようになった。

自分自分を抱きしめる。受け入れる。受け止める。これさえできれば、何があっても、生きていける。私は大丈夫。

そんなことを考えながら、帰宅。
風呂上がりに20分ほど歩いたが、家に帰って身体が火照っていた。床についてからは、ここ数年経験していないような深い深い眠りに付けた。翌朝は身体中がスッキリしていた。

これで500円くらい。マッサージもカウンセリングもいらない、脅威の自分癒し。炭酸泉、本当に恐るべし!

行った銭湯。鶯谷駅徒歩3分「萩の湯」http://haginoyu.jp/

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました