川口春奈の沢尻エリカ代役を心から歓迎したい【麒麟がくる】

日々の気づき

大河ファンとして、沢尻エリカの帰蝶(濃姫)が見られない悲しみ

こんにちは。小学校の自由研究で「大河ドラマすごろく」を作って、担任をドン引きさせたテツコハナヤマです。

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、信長の妻・帰蝶(きちょう、濃姫)役の沢尻エリカの降板に伴い、

川口春奈が代役として決まったという。

出演シーンを撮り直し、ドラマは2週間遅れでスタートするという。

大河ドラマが年明け早々から始まらない。これは本当に異例の展開だ。

大河ファンのハナヤマにとっては、正月あるいは正月明けに、日曜午後8時きっかりに初回を見守るのが恒例行事となっている。

この作業を行わないと、どうも落ち着かない。

私にとって、1年の計は、大河ドラマの出来不出来にあるといっても過言ではないのだ。

だから2週間遅れの放送と聞いて、ちょっと間が抜けてしまった気分でもある。

まあ、撮り直しするのだから、致し方なし。

ところで、ほとんど話題になっていなかった「麒麟がくる」が民放でもさかんに取り上げられている。

沢尻エリカの降板劇は、不幸中の幸い、番宣としてはかなりの効果があったと見ている。

さて、代役の川口春奈。ベテランではなく若手の抜擢。

「なるほど」「この手があったか!」と感心した。

確かに、勝気で華やかな帰蝶のイメージにふさわしい。実にしっくりくる。

24歳と沢尻と比べて若く、時代劇未経験だそうだが、役とともに成長していってくれるだろう。

各メディアでは代役候補の名が色々と上がっていた。

満島ひかり、蒼井優、貫地谷しほり、広末涼子……

なるほど、皆さん素晴らしい女優さん。ドラマや映画で一度は帰蝶(濃姫)を演じてほしい方々ばかりだ。

ただ、大河ドラマとなると、回を追うにつれて、役が出来上がっていく様を見る喜びがある。

個人的には、完成度が高い人よりも、エネルギーがあり、伸びしろのある役者にそそられる。

そういう意味では、川口春奈という役者はエネルギーも伸びしろも十分に感じられる。

むしろ予想がつかないからこそ、「どう演じてくれるんだろう?」とわくわくする。

大河ドラマというのは、若手俳優の怖いもの知らずの勢いで、とんでもない作品が出来上がってしまうことがある。

本人にとっては棚ぼた、思ってもいないチャンスだと思うが、臆さずにのびのびと演じてほしい。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました