★結婚式0日前★儀式の重要性とコミットメント。きょう日光二荒山神社の神橋を渡ります。

日々の気づき

本日、結婚式。

このブログは深夜2時ぐらいに書いています。

さまざまな人への感謝の手紙を書いていて、夏休み明け前に宿題が終わらない小学生状態です。

そして、親への感謝の手紙だけがなかなか書けずに、後回しとなっています。どうなるんだろう……

明日(いや本日か)日光二荒山神社の神橋(しんきょう)を新郎や親せき・友人たちと渡ります。

私はカウンセラーになってから、「儀式が持つ心理的効果」に気づきました。

それまでは、「儀式なんて格式ばっていて意味がない。時間の無駄」と思っていました。

成人式でも振袖を着なかったですし、結婚式も「別にやらなくていいんじゃない?」とすら思っていたタイプです。

ところが、根本裕幸さんのお弟子さんとなってから、この考えが一転しました。

根本さんの公開カウンセリングやロールプレイでは、言葉以上に人の立ち位置や動作が大きな意味を持ち、心理的変化をもたらすのを目の当たりにしました。

例えばヴァージンロード。

新婦が父親に連れられて、新郎へと引き渡される。

これは精神的に最も近い異性の人間が、父親から夫に交代することを意味します。

また、神様の前で二人の愛を誓う行為。

絶対的な存在、大いなる存在という神様の前での宣誓。

これは、神様との契約です。

心の中で「そう簡単には覆せないぞ」という大きな効力をもたらします。

腹をくくって、真剣に向き合わなければならない状況となります。

心理的には2人がお互いの関係に”コミットメント”しやくすくなると思うのです。

 

とはいえ、離婚する人もいますので、人それぞれだと思いますが、

コミットメントを強める意味でも、私は結婚式は挙げたほうがいいと思うようになりました。

明日は「神の橋」を渡ります。

人生のステージが上がる確信があります。

私的には豊かさの向こう側に行けるんじゃないかという気がする。

いや、親との関係で新たな変化があるのかもしれない。

どんな心理的な効果があるのか?

カウンセラーの端くれとして、とても楽しみにしています。

(楽しめる状況じゃないかもしれないけど…汗)

 

 

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました