結婚式までひと月。私は両親に感謝の手紙が書けるのだろうか?

こんばんは。テツコハナヤマです。

結婚式の準備を色々と進めなければいけないのですが、昨日は脱力して、何をしていてもボーッとしてしまいました。

ホルモンバランスの関係なのか? 舞台に当たった影響が続ているのか?

ちょっと前なら「気合が足りないので、頑張る」「どうすればやる気が出るか?分析し心理テクニックを駆使して己を整える」

ということをやっていたのですが、最近はそうしたことに取り組む気力すら湧きません。

旦那さんに正直に伝えたら、

「うーん、そんな日もあるよー、ゆっくりコーヒーでも飲んで、のんびりしなよー」

沖縄のおばあのように、ほのぼのと言われて、心がほっこり。

いつも私を否定せず、ただ受け入れて、肯定してくれる旦那さん。

心が芯からじゅわっと温かくなります。

ああ、これが幸せなんだなあ。

猛烈なダメ出し時代は、とっくに終わりを迎えたんだなあ。

できない自分をこんな風に受け止めてもらえる日が来るなんて、思わなかったなあ。

しみじみ。

★★★

結婚式の準備がなぜ進まないのか。(と言いつつ分析癖が。いいの~♪分析楽しいんだから)

準備は基本的には楽しいのだけれど、心の奥底に引っかかっていることがあるのです。

それは…じゃじゃーん!

 

「両親への感謝の手紙」

 

花嫁の定番。うひゃー、お、重いよー( ゚Д゚)

私はこれを人前でやる必要があるのだろうか? そもそも手紙自体書けるのだろうか?

今の自分の心理状態だと、もうひと山もふた山も越えなければならず、どうもやる気が起きません。

昨年1年間は両親と何度も何度も激突しました。

戦乱続きで常時武装し、一騎討ちからゲリラ戦まで激しく展開されました。

「平成三十年の乱」の呼び名にふさわしいと思います。

あれから1年。

今年はじめに実家と絶縁する予定だったけど、その直後に結婚して業務連絡などで行き来が再開、今では島から出てきた時は実家にお世話になっています。

両親との関係は随分変わりました。

父はひたすらスルーしていた私と向き合い、話に耳を傾けるようになりました。(レスポンスは相変わらず訳分からんけど)

母もダメ出しをやめて、急に優しくなりました。

私の中の過去の恨みや怒りの気持ちは随分と収まりました。

そして親のことも、他人のように客観的に見られるようになりました。

根本さんの言う通り、近所のおばちゃん、おっちゃんを見ているような感覚とでもいうのでしょうか。

「こういう人なんだから、仕方ないなあ」「きっと、親から●●に育てられたから、そう思っちゃうんだろうな」って。

まだ、ときどき小競り合いは起きますけどねー。

★★★

ただ、関係がよくなったからと言って、

今すぐに感謝したり許したりという時期では、まだないように思えます。

まだまだ「ざけんなよ」と心のどこかで思っているわたくし。

私の直観では、感謝まで至るには、あと何年もかかるかも……。

それでも武闘派の根性を発揮して、

感謝の手紙を書くために、無理やりお恨み帳&感謝ワークをやろうかなとも思いつつ、

(周辺では現在進行形で取り組んでいる人が多いので)

そんな無理しなくてもいいかなーと思ったり。

でも、親はいつまで生きてるか分からんし、ここでやらなかったら後悔するかもなあ。

いや、やっぱり気が進まない!ってなったり。

心が揺れ動いています。

感情は天気と同じですから、コントロールはしないほうがいい。

こんな時は、そのまま受け止めるに限ります。

「あんまり気が進まないんだよね。それは仕方ないよね。でも、やってあげたし、やったら自分の気が済むと思っているんだよね。まあ、落ち着く所に落ち着くから、大丈夫よ~」

そんな風に、やわらかく自分で自分に声をかけてしてみました。

あ、これ心の中で旦那さんに沖縄おばあ風に言ってもらってもいいし、

お気に入りの声優さん(速水奨)や俳優さん(遠藤憲一)でアフレコすると、テンション激アゲですな。ふふふ。

うーん、でも時間がないな。どうしよう…。

 

皆様、親への手紙を読んだ感想、やらなかった感想、それに代わるよいアイデアや演出方法、ご意見などがありましたら、お問合せフォームやメールなどで教えてくださいね。

 

天職と最愛の人と巡り合う☆テツコハナヤマ・セッションメニュー☆はこちら

 

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました