稽古場で具合が悪くなったのは投影?毒親育ちの孤独感「ドーナツの穴」が芸術となった時【ハムレットから思うこと①】

日々の気づき

舞台「ハムレット」を観た感激、まだ収まっていません。

そして、今だから書けることを、書きます。

 

実は先日、稽古場でインタビューさせていただきました。

その後、稽古場を見ていた所、私は”何か”に当たってしまい、回復に数日要しました。

 

私はカウンセラーとしては、クライアントさんに共感しながらも、客観的に見ることが得意です。

結構、癒着キツめの方が来ても、割と平気なタイプです。

ただ、今回の「ハムレット」は毒親育ちの“テロ”という解釈。

ハムレットが親から満たされなかった寂しさ、孤独感が、物語を進める鍵であり、莫大なエネルギーともなります。

そんな強大で危ういエネルギーが今回の稽古場にたまっていたのです。

また今回の脚色・演出は、演出家・斉藤敏弘氏自身の悩みも重ねられています。

大好きなのに大嫌いな母。そんな母と向き合えない気持ちが暴走する悲劇。

今回の演出版は、まさに斉藤氏の心象風景ともいえるのです。

 

人に囲まれているのに孤独感を覚える。師匠のカウンセラー・根本裕幸さんはそんな心理状態を「心のドーナツ化現象」と呼んでいます。

斉藤氏にインタビューしている最中、”ドーナツの穴”が見えた気がしました。

そう、私が当たった”何か”の正体は、きっとこれ。

その底知れぬ闇、強大な引力を抱えた底なし沼。久しぶりに「や、やばいぞ!」と思いました。

 

でも、これは心理的には私自身の「投影」なのかもしれません。

(※投影=自分自身が切り離してしまった感情が、外の世界に映し出されること)

私もかつては毒親と直接対決をした身ですから、そのエネルギーがまだどこかに残っている。

あるいは、まだまだ癒しきれない、孤独な気持ちが心の底に眠っているのかもしれません。

親と対決していた頃は、刃物があったら本当に刺してしまいそうで、正直怖かったです。

対決前には「安心安全な方法で戦う」と自己暗示をかけてから、実家に行っていました。(その結果、父親の頭の上から、麦茶をどぼどぼヤカンから注いだりしました)

 

インタビューですでに疲労していましたから、観劇の際は正直「大丈夫かな?」と思いました。

この巨大な負のエネルギーを「ハムレット」に乗せて成立するのか?

「ハムレット」とは名ばかりの斉藤氏の自伝、別の物語になりやしないか?

ところが、毒親育ちの強大な負のエネルギーが、シェイククスピアという骨太な古典作品の上に乗っかると、あら不思議、

ドーナツの穴が、身を切り裂くような孤独が、ハムレットというキャラクターの強烈な個性となり、

人々の共感を呼び、心を震わせるのです。

 

私のクライアントさんは芸術家系、クリエイターさんが結構いらっしゃるのですが、

皆さん、抱える孤独感、”ドーナツの穴”がデカいのなんのって!

でも、それこそが、創作の原点になるんですよね。

寂しすぎる思いをしたからこそ、普通の人とは比べものにならないくらいの、空想・妄想の世界を構築することができる。

そうして、自分が創り出した新たな世界を媒介にして、再び人とつながることができる。

「創作、芸術を通じて世界と人とつながろう」

「芸術家、クリエイターだからこそできる心の癒しもあるよ」

アーティスト気質の人たちに、私はそう提案しています。

 

今回の「ハムレット」はまさに毒親育ちの”ドーナツの穴”が、見事に世界とつながった作品となりました。

私が観劇した回は、終盤にかけて、舞台と客席の雰囲気がピりりと引き締まっていき、

最後は観客から役者まで、全員の呼吸が合っていました。

途中で寝ていた方も、終盤見入っていました。泣いている若い女性もいました。

さらに、今回の主演の飛田竜之介は、ハムレットと同じような虚無感、心の闇を抱える等身大の青年。

ハムレットの”ドーナツの穴”を、見事に表現してくれました。

今回の演出版では、ハムレットは孤独な心を抱えたまま、死んでいったようにも見えます。

でも、孤独なんだけど、孤独じゃない。

役者も、演出家も、観客も、ハムレットの”ドーナツの穴”でつながった。

見守り、共感し、ひとつになった。

膨大な負のエネルギーが、感動と共感に昇華されるミラクル。

演劇って、芸術って、本当に面白いなあと思います。

素晴らしい演出・潤色を見せてくれた斉藤氏、そしてMPSの役者さん、スタッフさんに、心から拍手を送ります。

【ハムレット関連記事】
今夜ゲストトーク登壇&舞台「ハムレット」見どころ。プロデューサーは根本さんのお弟子夫婦!個性的なゲストカウンセラーをテツコが一挙紹介。

舞台「ハムレット」ゲストトーク無事終えました。すさまじい熱気で、終演後は放心状態!

父をめぐって争う母娘。三角関係の敗者となった私は、人生で常に負け続けた。【ハムレットから思うこと②】

天職と最愛の人と巡り合う☆テツコハナヤマ・セッションメニュー☆はこちら

 

 

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました