「私は美人」はパーツ褒めで構わない。爪の形、筋、骨、毛でもOKにしてみたよ!

「私は美人」……鏡を見て、そんな言葉を到底言えない時がある。というか、そんなことばかりである。

というか、そもそも私は、自分の姿を鏡で見ることに、つい最近まで抵抗があったくらいだ。コミュ障経験者、自己肯定感が低い人は、たぶんお分かりいただけるだろう。

自分の姿を鏡で見ると、悲しくて、辛くて、存在しているのが嫌で、消え入りたい気持ちになってしまうのである。
今でも、その後遺症が少し残っている。鏡を見ても褒める要素がない。テンションが下がっている時には、そんなことも結構ある。

そんな時、ひらめいたのは、パーツ褒め

「私の爪、スクエアーでなかなかいい形。うん、美人かも?」
「首の筋、細くてなかなか色っぽいね。うん、美人かも?」
「今日の眉毛、うまく描けてるね、うん、美人かも?」
「この産毛、繊細で可愛いな。うん、美人に生えててもおかしくないかも?」
※だんだん、とんちみたいになって来た…(笑)

全体で自分を美人と思えなくても、こんな感じなら続きそうな気がする。

投稿者プロフィール

テツコハナヤマ
テツコハナヤマ
「毒親育ち、彼なし金なし定職なし引きこもりが美人な生き方を目指す実験ブログ」改め、毒抜きカウンセラー/ココロの美人家庭教師のブログ。趣味は自尊心、イジメ、引き寄せの研究。元お受験塾講師&プロ家庭教師。

詳しいプロフィールはこちら。
タイトルとURLをコピーしました